precious wedding

元プランナーが他では聞けない少人数の結婚式のちょっとした疑問や気になるあれこれをまとめてみました☆

少人数の結婚式のメリットは何?派手婚とナシ婚で比較!

      2018/03/07

結婚式のメインテーブル

少人数でこじんまりと行う結婚式の良いところってなんでしょう。

 

大人数を集めて盛大にする派手婚と比べたらお金がかからないところ?

婚姻届けだけ出して終わりのナシ婚と比べたら2人の記念になること?

 

他にも色々な理由が考えられますが、こちらでは具体的にこじんまりとする少人数ウェディングの良いところを派手婚とナシ婚と比較してまとめてみました。

 

スポンサーリンク

少人数の結婚式の派手婚よりも良いところ

簡単に言ってしまうと派手婚とは結婚式のさまざまなアイテムにお金をかけたり盛大に行う結婚式のことです。

こだわればこだわるほど時間もお金もかかる派手婚と比べると、こじんまりと少人数でする結婚式にはこんなメリットがあるんです。

 

1 準備が楽にできる

1年前に式場を予約しても招待状などの準備は大体3カ月前くらいからで、やらなくちゃいけないことは最後の1カ月くらいにまとめてやってきます。

するとどうしても時間がなくなってイラついたり、ケンカが起こってしまうのです。

人数が多ければ多いほどやることも確認も増えるので、家族だけや少人数の結婚式なら簡単に済ませることができます。

メリット時間と心に余裕を持って準備期間が過ごせるのでケンカも減る。

 

2 金銭的負担が少ない

ほとんどの式場は前金なので費用は事前に全額支払わなくてはなりません。

そうなるとご祝儀をあてにしていた場合は何らかの手段で一旦にお金を準備しなくてはならないのです。

大きな金額になると準備も大変ですが、少人数の結婚式なら負担にならない程度の金額で済むので安心です。

メリット金策に悩むことがないので周りに迷惑もかけず自分達の力だけでできる。

 

3 見世物感が減る

多くの人から注目されるのが苦手な人もいますよね。

でも派手婚の場合はどうしても人数も増えるので、緊張もするし見世物的だと感じてしまうかもしれません。

その点ごく親しい心を許せる少人数のゲストと過ごす結婚式なら、派手な演出もないので自然体で過ごすことができますね。

メリット2人の晴れ姿を見てもらうのではなくゲストと共に大切な時間を共有できる。

 

4 アットホームな雰囲気でできる

たくさんの余興や凝った演出があるとそれだけで時間は目一杯になってしまいます。

大人数の派手婚は【披露】が基本なので、なかなかゲストとゆっくり過ごすことはできません。

演出や余興がなければ新郎新婦もゆっくりとおいしい料理を食べることができるし、みんなとの歓談も楽しむこともでき1人1人に気配りすることもできますね。

メリットゲスト1人1人をもてなし自分達も一緒に楽しむことができる。

 

派手婚にはない少人数の結婚式のメリットはなんといっても準備や金銭的に負担が少なく、ゲストに細かい配慮ができることでしょう!


スポンサーリンク

 

ナシ婚より少人数結婚式の方がいいところ

じゃあ面倒なことは全部やめてナシ婚にするとい方法もありますが、なにもしないより少人数でも結婚式をした方が良いこともあるんです。

 

1 お返しや挨拶周りが一度で済む

結婚をしたというのがわかると、両親の元にお祝いなどが届けられることもありますね。

 

宅配便を使って送る方法もありますが基本的に内祝いは直接お渡しするものなので、お休みを利用してそのお宅に挨拶に行きながらお返しを届けなくてはならなりません。

でもそれってかなりの負担になりますよね。

結婚のお祝いを頂くということはそれなりの関係だと思うので、お返しをして回るくらいなら簡単な食事会などを開いて一度で済ませた方がお互い楽ですね。

 

メリット結婚のご挨拶とお披露目をまとめてすることができる。

 

2 親戚との顔合わせができる

実際に結婚って2人だけでの問題ではありません。

結婚をすると互いの家族や親族との付き合いが始まるので、冠婚葬祭では顔を合わせることになります。

 

特に初めての時は顔も状況もわからないのでこちらも不安だし「○○さんと結婚しました、夫(妻)の○○です。」なんていう挨拶を1人づつしなくてはならないのは結構大変ですよね。

しかもその挨拶が誰かの結婚式ならまだ良いですが、お葬式だとちょっと気まずい感じがしますよね。

 

メリットこれから長い付き合いになる親戚に互いを紹介しあうことができる。

 

3 思い出に残る

ケンカをした時も、幸せそうな自分達の顔を見るとあの時の感動や気持ちを思い出すことができます。

 

また子供が生まれた時、特に女の子は「ママのお嫁さん見せて」なんて言ってくることがありますが、その時見せられるものがないのってちょっと寂しいものがありますよね。

だから小さくても結婚式をすると色んな思い出を残すことができるんです。

 

メリット思い出はプライスレス!後から作ることができない分より心に残るのです。

 

4 お互いを知ることができる

こじんまりとする結婚式でもある程度の準備は必要です。

 

それは相手にとって面倒なことだったり興味のないことだったりするかもしれませんが、そんな面倒なこととどうやって向き合ってくれるかで相手のホンネを見ることができます。

ほとんどのカップルはすでに入籍しているのでそれを見て結婚を考えることはもうできないけど、良い意味でも悪い意味でも非日常のイベントを一緒にする中で、こういうところがある人なんだということを知ることができるチャンスです!

きっとその経験はこれからの結婚生活に色々と役立てることができるはずですよ。

 

メリット人生の要となるイベントで相手の本質を知ることができる!

 

5 2人の意識や責任感が強まる

大切な人を集めて結婚式をすることで結婚したという意識や責任感が強まります。

 

挙式での誓い、お互いの幸せそうな顔、両親の涙、そしてみんなからもらう祝福の言葉など、結婚式には普段は味わえない心にグッとくることがたくさんあるんです。

そして親への感謝の気持ちや親戚やこれからもお世話になる方々へのご挨拶をしっかりとすることで、自分にもまわりにもけじめをつけ、結婚した責任感を持つことができるんです。

メリット普段見えない思いや形が見えてくる…それが結婚式!

 

ナシ婚にはない少人数の結婚式のメリットはなんといっても普段は感じられない気持ちを感じ、結婚したという意識が強まるということでしょう!

 

 

少人数の結婚式の最大のメリットとは

少人数の結婚式は時間的にも費用的にも負担が少ないのがメリットですが、ブライダルコーディネーターをしてきて式後に特に感じたのは結婚式を終えたお2人の意識が変わることです。

 

大体結婚式の後、喜びの言葉を素直に口にされるのは新婦さんが多いんですが、新郎さんからもこんな言葉を聞けることもありました。

  • 結婚式なんて意味ないと思ってたけど、やっぱりやって良かった!
  • ウェディングドレスを着たいつもとは雰囲気が違う妻を見れて良かった。
  • 教会では今までにない緊張があり、牧師さんの言葉を聞いて身が引き締まった。
  • 喜ぶ妻の顔を見て、夢を叶えてあげられて嬉しくかった。
  • 両親が泣いている姿を見てびっくりしました。(挙式にて)
  • 親があんなことを思っているなんて思わなかった。(両親挨拶を聞いて)

 

こういうことってあまり口にしない男性も多いと思うんですが、それをサラリと言ってくださったり新婦さんが席を立った時にコッソリと言ってくださる方もいてこれってまさにこれこそが本音!

しかもこういう思いって結婚式をしたからこそ感じられたことだし、心を許せるごく親しい人だけを集めた少人数婚だからこそより感じられたんじゃないかと思うんです。

 

何もしないのでもなく派手でもない少人数ウェディングは、結婚式の大切な部分やたくさんのメリットがギュッと詰まった形の1つ!

 

 

迷った時は見学に行ってから決める

もし会場見学に行ってどういう結婚式にしようか迷っているなら、迷っているポイントを整理してみましょう。

 

でもまだネットや情報誌だけを見て悩んでいるなら、まずは見学に行ってみましょう。


>>>少人数の結婚式場特集

 

メリットとデメリットを知ることも大事だけど、最後は結婚式をしたいかどうか、自分達はどういう結婚式がしたいのかです。

実際に式場を見に行ってみると情報誌では知ることができなかったことがわかったり、思わぬことがきっかけであっさり決まることもありますからね。

 

ハナユメならブライダルフェアや見学に行くと最大30,000円分のプレゼントがもらえるキャンペーンもしているので、式場見学はまだだよ~というカップルは試してみる価値はありますね。
 

まとめ

結婚式のこだわりは人それぞれなので結局どんな結婚式がいいかはその人次第!

 

自分達に合った式のスタイルを選ぶことが何よりも大事なので、是非自分スタイルの最高の結婚式を見つけてくださいね。

>>>結婚式する?しない?どんな結婚式がいい?を解決したいなら

 

 

スポンサーリンク

 - 結婚式についての悩み, 少人数婚 , ,