precious wedding

元プランナーが他では聞けない少人数の結婚式のちょっとした疑問や気になるあれこれをまとめてみました☆

少人数の結婚式でもカメラマンは必要?なるべく安くお願いする方法は?

      2017/11/28

教会での誓いのキス

結婚式をするならちゃんと写真を残したいけどカメラマンに頼むと結構な金額がかかる。

 

少人数だからそんなにお金はかけたくはないけど、家族や友人にお願いして残念な写真ばかりで後悔もしたくないのでどうしたらいいかなかなか決められないカップルもいるでしょう。

 

そこでこちらでは挙式と少人数の会食会をするお2人にカメラマンは必要かどうかと、予算を抑えつつ悔いも残らない素敵な写真を残す方法をご紹介します。

 

スポンサーリンク

少人数の結婚式でもカメラマンを入れた方がいい?

披露宴のある結婚式であればカメラマンに写真をお願いすることも悩まないかもしれないけど、少人数の結婚式だとなぜかプロカメラマンはいらないんじゃないかって思うカップルって結構多いんですよね。

きっとそう考えたその理由のひとつは「プロに撮影をお願いすると高いから」じゃないでしょうか。

 

でもね、結婚式はやり直しがきかない一生に一度の大事なセレモニーなんです。

 

だからここ!というところは人数に関わらずプロカメラマンにお願いした方がいい…いや、お願いすべきだと思うんです。

 

でもあれこれプロにお願いするとビックリ金額になっちゃうので、ここではプロにお願いすべきポイントをご紹介しましょう。

 

 

挙式にはカメラマンを入れた方がいい!

挙式中の撮影

結婚式のまずはじめに行われる【挙式】にはカメラマンをお願いしましょう!

 

それはなぜかと言うと式場によっては式中はゲストの写真撮影は禁止のところもあって、そういう場合はプロカメラマンにスナップ写真をお願いしないと挙式中の写真は残せません。

 

もしゲスト撮影が可能だったとしても指輪の交換・ベールアップ・誓いのキスなどのとっても大事なシーンは本当に一瞬!

撮りのがしてしまったりする可能性も高く、席に座ったままの撮影ではブレたり誰かの頭が写りこんでしまうことがほとんどで満足いくショットを確実に残すことはほぼ不可能だからです。

 

その点プロのカメラマンなら移動しながらも撮れるし、新郎新婦の立ち位置と距離、光の加減などすべてを把握して間違いのないようにカンペキに撮影してくれますよ!

 

POINTプロにお願いすれば挙式が始まる前にイメージカットや、控室でのお支度から式前の自然な2人の姿など色んなカットも含めて撮ってもらうこともできます。

 

会食にもプロカメラマンは必要?

では挙式の後の会食中はと言うと少人数の【会食会】ならプロカメラマンにお願いしなくても良いでしょう。

 

確かに会食中もお願いすれば色んなカットを撮ってもらえるので予算に余裕があれば入れた方がいいです。

でも進行や演出がほとんどない家族だけや親族中心の少人数の結婚式ならそんなにシャッターチャンスも多くないはずですよね。

 

会食中に残したいショット
・乾杯
・ケーキ入刀
・ゲストや両親との写真

 

あと会食中は挙式とは違って乾杯やケーキ入刀もしばらく二人はポーズをとったままなので撮りやすいし、ゲストも自由に移動して撮れるので強いこだわりがなければゲストカメラマンでも十分でしょう。

 

POINT緊張もほぐれた会食会なら家族や友人が撮った写真の方が自然で素敵なショットが撮れるかもしれませんよ。

 

なるべく安く思い出の写真を残したいなら挙式だけはプロカメラマン、会食会はゲストにお願いする【式のみプロカメラマン作戦】がおすすめです!


スポンサーリンク

結婚式の写真の費用を抑えても後悔しない3つの方法

式場のカメラマン事情はさまざまなので、もしかしたら【式のみプロカメラマン作戦】が通用しないこんな会場もあるかもしれません。

 

  • 挙式+会食のセット撮影でしかお願いすることができない
  • 挙式だけでも式場にお願いするとかなりの金額になる

 

そこでこちらでは【式のみプロカメラマン作戦】がNGの式場の場合にする、なるべく安くそしてステキな写真を残す方法をまとめてみました。

 

方法① 撮影はデータのみで注文する

例えばプロカメラマンは挙式と会食がセットでしかお願いできないならスナップ撮影のデータだけを注文するんです。

 

つまりアルバムはなしにしてデータだけにしてもらえば式場提携のプロカメラマンにお願いしてもそこまで高くはならないはず。

 

そしたらもらったデータの中から気に入った写真だけを使って自分達でアルバムを作成すれば良いんです。

 

POINTご両親にはそれぞれの親族を中心にチョイスしたアルバムを作るとさらに喜ばれますよ!


>>> お手持ちの画像データが簡単操作でアルバムに!

 

方法② 記念写真をやめる

挙式のスナップ写真だけにしてもかなりの金額になってしまうなら、六つ切りなどの型物の写真をやめてしまうという方法もあります。

 

大体どの式場でもスタジオなどで撮る大きな六つ切りの記念写真を勧められますが、これが意外と高い!

都内の式場をいくつか見てみたところ1ポーズ15,000円~20,000円くらいかかるので、2人の写真や集合写真は記念写真ではなくスナップ内で撮ってもらっちゃうんです。

 

これならプラスの費用もかからないし自然な感じの写真になるので、型物にこだわらなければこれでも十分ですよ。

 

POINTただしスナップはあくまで流れを撮るもの。記念写真のように時間をかけてじっくり撮ることはしないのでそれだけは頭に置いておきましょう。

 

方法③ カメラマンを持ち込む

とにかくどの方法にしたとしても式場のカメラマンにお願いするとびっくりするほど高い場合は持ち込み料を払って外部からプロカメラマンを持ち込んだ方が安く済む場合もあります。

 

ただしカメラマンは持込み不可とか、アルバムよりも高額な持込み料を取られることもあるので式場にまずは確認をしてみましょう。

 

注意これらの対応は式場によってまったく違います。すべて不可という会場もあるのでどれが可能かを確認してから検討してくださいね。

 

 

さいごに

後悔はしたくないけどそんなに写真にお金はかけられない。

そんなカップルのためにいくつかのアイデアをご紹介しましたが、どれかピンと来るもの、またこれは式場にお願いできそうなものはありましたか?

 

確かにゲストにお願いすれば費用は抑えられるけど出来はそれなり。その点プロカメラマンの写真って失敗はないしクオリティも高いですからね!

それに何といっても結婚式はやり直しがきかない分、写真の失敗はずっと心にひっかかります。

 

後悔ほど高くつくものはないので是非プロカメラマン撮影も含め、許す限りの予算を使って納得できる、そして悔いの残らない思い出の写真を残してくださいね。

 

スポンサーリンク

 - 写真・ビデオ, 結婚式のアイテム , ,