2018/07/05

身内だけの結婚式での新郎挨拶!基本構成とみんなの心に響く5つのポイント

 

 

身内だけの結婚式でもパーティーの〆と言えば新郎挨拶ですね。

記念となるハレの日にわざわざ来てくれたゲストにはきちんとお礼と感謝の気持ちを伝えないといけないけど、緊張するし照れくさくてどんなことを言ったらいいのか悩みますよね。

 

そこでこちらではまずは知っておきたい新郎挨拶の基本と少人数ならではのみんながグッとくる挨拶を作るポイントをご紹介!

少人数のパーティーなら自分らしくオリジナルな言葉で気持ちを伝えましょう。

 

スポンサーリンク

新郎挨拶の基本構成は3つのパート

新郎の挨拶って今までみんなはどんなことを言ってたかなんて思いだせないし、いざとなるとよくわからない…。

 

でも大丈夫!

 

締めの新郎挨拶は基本的に3つのパートを組み合わせるだけでいいんです。

そこでまずは新郎挨拶を考える時に知っておきたい3つの基本構成からご紹介していきましょう。

 

①はじまり
●挨拶
●ゲストへのお礼

 

②中盤
●自分達のこれまでのエピソード
●今日の感想
●これからの生活に向けての抱負や決意

 

③結び
●今後のお願い
●締めの挨拶

 

結婚式での一般的な新郎挨拶の例文

ではこの基本構成にあてはめた基本中の基本のかしこまった新郎挨拶の例文を紹介しましょう。

 

【例文1】
①本日はお忙しい中、私達二人の結婚式にお集まりいただき誠にありがとうございました。

ささやかではございますが皆様と共に食事を楽しむ機会をもてましたこととても嬉しく思います。

 

②本日皆様から頂いた温かいお祝いや激励の言葉を胸に、どんな時も妻と2人で力を合わせ助け合いながら温かくて笑顔の絶えない家庭を築いていこうと思います。

 

③なにぶん未熟な二人ですので皆様には色々とご迷惑をお掛けする事もあるかと思いますが時には厳しく、そして温かく見守っていただきますようお願いいたします。

結びとなりますが、皆様のご健勝とご多幸をお祈りして私たちからのお礼の挨拶とさせていただきます。

本日は誠にありがとうございました。

 

 

【例文2】

①本日はご多用の中、私たちの結婚式にお越しいただきまして本当にありがとうございました。

おかげさまでとても楽しい心温まるひとときを過ごすことができ、感謝の気持ちでいっぱいです。

 

②皆様からの心のこもった温かいお言葉をしっかりと胸に刻み、これから夫婦として明るく笑顔の絶えない家庭を築いていきたいと思っています。

 

③未熟な2人ですが少しずつ成長してまいりますので、今後ともご指導ご鞭撻のほどよろしくお願いします。

簡単ではございますが、これにて挨拶にかえさせていただきます。

本日は誠にありがとうございました。

 

どちらもお礼や感謝の気持ちも伝えてるし、結婚式では避けた方がいい忌み言葉も入っていない一般的な挨拶です。

 

POINT社長や上司などさまざまな立場の人を招待する盛大な披露宴ならこのような硬めの挨拶が無難です。


スポンサーリンク

身内だけならカジュアルな新郎挨拶がおすすめ

新郎挨拶は3つの構成に沿った例文のようなちょっと硬めな文章でもいいんです。

でもこれだとキレイにまとまり過ぎてるというか、ちょっと他人行儀な感じがしませんか?

 

せっかく身内だけのカジュアルな会にしたのなら感謝の気持ちは自分らしい言葉とエピソードも入れてオリジナリティのある挨拶の方がみんなに気持ちが伝わるはず。

ならば砕けすぎず硬くなり過ぎない挨拶を考えてみましょう!

 

カジュアルな新郎挨拶の作り方の5つのポイント

 

【ポイント1】はじまりと結びの部分はちょっと硬めに

カジュアルな挨拶にする場合も①はじまり、③結びはちょっとかしこまったごく一般的な挨拶と同じにしましょう。

自分の言葉でオリジナリティを出すのは②の中盤部分だけにします。

 

【ポイント2】中盤に自分達のエピソードを入れる

みんなの心に残る挨拶になるかどうかは②中盤にかかってると言っても過言ではありません。

私が思わずウルっときちゃったのは2人だけにしかないエピソードをまっすぐな気持ちで伝えた挨拶でした。

 

◆長く親元を離れていた話
離れて暮らしていたからこそ気が付いた親や身内のあり難さや、してもらって嬉しかったこと。

 

◆ずっと遠距離恋愛だった話
彼女には寂しい思いもたくさんさせたしもう駄目だと思ったこともあった。でも彼女の本当の優しさがわかって自分にはこの人しかいないと確信したこと。

 

◆入籍してから1年以上が経ってからの結婚式で
事情があって結婚式が遅れたことへの詫びと、結婚生活を送ってはじめてわかったこと。

 

◆晩婚について触れた話
仕事一筋でずっと心配をかけて気きたけど彼女と出会って世界観が変わった。これからは仕事だけでなく夫として父としてさらに頑張っていくという決意。

 

◆式後に海外赴任する話
海外での暮らしで心配をかけてしまうことへの詫びと、自分はこうやって彼女を守っていきますというゲストに向けての決意。

 

◆子供を授かった報告
父になる抱負プラス、両親への感謝の気持ちを込めて男なら(新郎父)の○○なところと(新婦父)の○○なところ、女の子なら(新郎母)の○○なところと(新婦母)の○○なところが似ていてくれたらいいですと言ったこと。

 

◆出会いや結婚を決めた時のエピソード
自分はこんな素敵な人と出会って、こういうところが好きになり結婚をしようと決めたこと。

 

◆付き合っていた時や結婚準備中のエピソード
ケンカして気が付いたこと、一番嬉しかったこと、彼女の知らなかったステキな一面を垣間見たことなど。

 

注意ダメだしや否定は絶対にNG!あくまでも前向きでいかに彼女が大切な存在か、そして2人が結びつくべきして結ばれたかがわかる内容にしましょう。

 

【ポイント3】2人の話題がムリならゲストとのエピソードを

身内だけとは言っても2人の話をするのはちょっととか、そんなの恥ずかしいという新郎さんは両親やゲストとのエピソードを交えて感謝の気持ちを伝えるといいでしょう。

 

●両親とのエピソード
自分と相手の両親に向けてこれまで深く印象に残っているエピソードを交えながら感謝の気持ちを伝える。

 

●ゲスト1人1人とのエピソード
披露宴では無理だけど10人程度なら可能。

そのゲストの人柄がわかるようなエピソードを選びましょう。

 

●結婚式当日印象に残ったエピソード
結婚式当日って改めて感じることや、これまで気が付かなかったことに触れられる日でもあります。

なのでその日に心に残ったことを話します。

 

POINT身内だけの結婚式なら身内だけが知っていることを言うのもアリ!エピソードが具体的であればあるほどみんなの心に残る挨拶になるのです。

 

 

【ポイント4】あくまでも自然に!狙わないこと

ウケや感動を狙いにいくのはやめましょう。

 

たまにウケを狙う新郎さんがいるんだけどウケなかった時はちょっとイタイし、ウケなかったことで自分も恥ずかしくなってその後頭が真っ白になっちゃうこともあります。

またみんなを泣かせてやろうなんて考えて作った文章はどことなく不自然に聞こえます。

 

POINTあくまでも自然に、素直な気持ちを言葉にしましょう。

 

【ポイント5】挨拶は長すぎず短すぎず

時間的には2分くらいがベスト

 

素敵な内容でも長すぎると聞いている方は疲れてきてしまうし、短すぎると「え?もう終わり?」ってなっちゃいます。

長くても3分以内にまとめて話しましょう。

 

 

新郎挨拶を考える時のポイント~まとめ~

新郎の謝辞を作るポイントは5つ!

 

①新郎挨拶ははじまり・中盤・結びの3部構成

②無難な新郎挨拶にするなら一般的な硬めの文章でまとめる

③オリジナリティを出すなら中盤にエピソードを入れる

④素直な気持ちで!ウケなどは狙わない

⑤長さは2~3分にまとめる

 

堅苦しい形式ばった言い方より、簡単だけど自分の思ったことを伝える方が気持ちは伝わる。

 

これまでたくさんの新郎さんの〆の挨拶を見てきた私はそう思いますが、あくまで個人的見解なので絶対にこれがいいというワケじゃありません。

でもこの結婚式と言う人生の大きなイベントの前に、いつも当たり前のように側にいる彼女のどこが好きになってなぜ結婚しようと思ったのか、そしてどんな結婚生活を送っていきたいのかを改めて考えるいい機会にもなると思うんです。

 

結婚式は自分らしい心のこもった挨拶でみんなに気持ちを伝えたい、そんな新郎さんのお役に立てたら嬉しいです。

 

スポンサーリンク
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です