2018/07/09

結婚式でテーブル装花なしや造花はあり?少人数で必要な花はどのくらい?

 

結婚式で使うお花って結構高い!だからこそできるだけ安く抑えたいしなくてもいいものなら削りたいところ。

でもしょぼいとかケチったと思われたりもしたくないですよね。

そこでこちらではこじんまりとした会食会のパーティーでもお花は必要?造花を使うのはあり?など少人数の結婚式で必要なテーブル装花についてまとめてみました。

 

スポンサーリンク

結婚式にテーブル装花なしってあり?!

結婚式の費用がはじめよりも増えてしまうことはよくあることです。

そうするとどこを削ろうかってことになり必ず【装花】が候補にあがるんですが、テーブル装花をすべてなしにするのはナシです!

 

実際何度か、どーーしてもいらないと言われたのでお花を一切飾らない会食会をしたことがあるんですが、華やかなパーティー会場に真っ白のクロスがかかったテーブルって想像以上に寂しく見えるし料理の美味しさも半減しちゃいます。

 

またお花には見た目の華やかさだけじゃなく人の心を和ませ、楽しく幸せな気分にしてくれる力があるので結婚式の会食会には必要なアイテムのひとつなのです!

 

POINT少人数だからこそお祝いの席らしく華やかに!みんなにリラックスしてもらうためにもテーブルにはお花を飾りましょう。

 

結婚式のテーブル装花に造花はあり?!

生花はどうしてもそれなりの料金がかかります。

そこで1つの選択肢として造花を飾るという方法があります。

 

確かに造花のテーブル装花なら無料とか、数千円でレンタルができるという式場もあるので費用は抑えつつ、会場に華やかさをプラスすることができますね。

 

造花にすることのメリットとデメリット

でも正直結婚式に造花を飾っているのってあまり見たことがありませんよね。

そこでテーブル装花を造花にすることのメリットやデメリットはどんなものがあるのかをまとめてみました。

 

◇メリット
生花よりも料金が抑えられる
生花よりもボリュームが出せる
◆デメリット
ゲストが持ち帰ることができない
年配層の女性に造花は不評なことが多い

 

最近の造花は見た目も見分けがつかないくらいに綺麗に作られているしボリュームもあるので、本人もゲストもまったくお花にはこだわりも興味もないというなら造花のテーブル装花もありでしょう。

 

でもテーブル装花は生花が一般的なので、造花だとゲストからはなんで結婚式なのに?と不思議がられたりケチったと思われてしまうこともあります。

また実際に小さな生花と大きな造花を見てみるとやっぱり小さくても生花の方が華やかだし、なによりもお花を持ち帰るのを楽しみにしている女性って結構多いのでできれば生花にした方が無難でしょう。

 

POINTゲストも含めこだわりがまったくないなら造花もあり!ただ一般的ではないのでよくわからない時は予算の許す限りの生花を飾る方をおすすめします。


スポンサーリンク

少人数の結婚式の装花はどれくらいあれば良い?

じゃあなるべく予算を抑えつつも寂しく見えない生花のテーブル装花にしようと思った場合、どれくらいのボリュームのものをいくつ用意したらいいのかってことですよね。

 

少人数の結婚式のテーブル装花はいくつ必要?

10人までの場合

丸テーブルなら1卓なので少し大きめなもの1つで良いですが、長テーブルなら2つあれば良いですね。

 

15人程度の場合

メインテーブルなしの1本流しテーブルにすれば最低でも3つ、できれば4つあると良いでしょう。

 

20人以上の場合

こちらもメインテーブルなしの1本流しにすれば最低4つですができれば5つにすると良いですね。

 

POINTまずメインテーブルはなしにのレイアウトにして、装花は基本的に5人に1つくらいを目安に置くと良いでしょう。

 

長テーブルに飾るテーブル装花の費用は?

正直テーブル装花の料金は会場によって設定金額がまったく違うので何とも言えないところはありますが、管理人の経験から大体の大きさと料金の目安などをご紹介します。

 

細長いアレンジメント風装花

料金の目安:10,000円~

まずこういう細長いタイプを1本流しテーブルに飾る場合はどちら側から見てもお花がきれいに並んでいないといけないので、見た目は華やかだけどちょっと高くなります。

 

小さなアレンジメント装花

料金の目安:3,000円~

結婚式のテーブル装花でもっともポピュラーなタイプ。これくらいだと3,000円程度で可能なところもあるけど、ホテルやゲストハウスなどでは5,000円くらいのところが多いかも。

 

ちなみにこのくらいになると6,000円以上の予算がないとキビシイですね。

 

花束風にして花器に生けた装花

料金の目安:3,000円~

最近はオシャレで費用も抑えられるこんな花器(花瓶のようなもの)にそのまま生けたタイプも人気!

 

ただこちらのようにある程度のボリュームを出して、グリーンでつなげたり小さな花器も並べると最低でも5,000円はかかるでしょう。

 

さいごに

結婚式の会食内でテーブルにお花がなかったり造花が飾られていると必ずと言っていいほどこっそりと辛口の批評をしているお女性のゲストはいます。

 

確かにブライダルフェアの時のような華やかなテーブル装花はかなり費用が掛かりますが、10人程度なら1-2万円もあれば素敵にテーブルを飾ることは出来るし、最後にはゲストに持ち帰ってもらうことになるので決して無駄にはなりません。

 

そのくらいの金額なら装花以外にも削れるところもあるはずだし、雰囲気ってとっても大事なのでできれば2人の佳き日を祝う会はお花も飾って華やかな食事会にしてくださいね。

 

スポンサーリンク
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です