元プランナーが他では聞けない少人数の結婚式のちょっとした疑問や気になるあれこれをまとめてみました☆

結婚指輪が決まらない…みんなの決め手や後悔したことは?迷った時に考えてほしいたった1つのこと

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

キラリと輝く結婚指輪。

どれも素敵で見れば見るほど決められなくなってしまうんですよね。

 

じっくり選ぶのは当然だけど結婚式の日に間に合わないと困るからいつまでも悩んでもいられないんだけど、焦って後悔したくはないですからね。

 

そこで先輩カップルがたくさんの結婚指輪の中からどうしてその指輪に決めたのか、そして散々悩んで決めたはずなのに実は後悔していると思ってることから、これだと思う指輪の見つけ方をまとめてみました。

 

是非めっちゃお気に入りの2人だけの結婚指輪をみつけましょう。

 

 

スポンサーリンク

みんなの結婚指輪を購入した決め手は何?

新婚生活はもちろん、特に結婚式には欠かせない結婚指輪。

ブランドもデザインもお値段もそれぞれだから見れば見るほど悩んじゃうんだけど、みんなはどの辺を重視して決めたのか。ちょっと気になりますよね。

 

そこでまずはみんなはどんなことにこだわってたった1つの結婚指輪を決めたのかを見てみましょう。

 


データ出典:ゼクシィ 結婚トレンド調査2017調べ

 

1位は圧倒的にデザイン(91.5%)。

続いて2位は価格(46%)、3位は素材(30.2%)、4位は品質(26.9%)、ブランドが5位(22.1%)なのはちょっと意外かも。

 

まぁほとんどの人がデザインを重視しつつ、半分くらいの人が予算も気にしながら決めたというところですね。

 

 

結婚指輪を決めた1番の理由は「デザイン」

ダントツ1位のデザインですが具体的にはデザインのどんなところに重点をおいていたのでしょう?

そこでさらに詳しくデザインのこだわったポイントについても見てみましょう。

 


データ出典:ゼクシィ 結婚トレンド調査2017調べ

 

1位はシンプルで清楚であること(約66%)

確かにあまりゴテゴテしたデザインは実用性に欠けるし男性はちょっと抵抗がある人もいるかも。

理由はさまざまだけど場所を選ぶことなく飽きることがない無難でシンプルな指輪を選ぶという人が多いのでしょうね。

 

次いで2位から6位までは約30%でほぼ同じだけど大きく2つの理由に分かれています。

【華やかさをプラスしたい派】
・重ね付けができる
・ダイヤがついている

 

【質やよりシンプルさを重視したい派】
・流行り廃りのない
・プラチナ素材

 

だたの輪っかじゃ寂しい人は婚約指輪との重ね付けや結婚指輪に石を入れて「華やかさ」をプラスしたいし、シンプル好きな人は「質」をプラスしたい。

ここは本当に「好み」が出てますね。

 

 

ちなみにこんなデータもあります^^


データ出典:ゼクシィ 結婚トレンド調査2017調べ

 

一番多いのは既製品。

まぁ既製品とは言っても色んなデザインがありますからね~。

 

あと最近は「セミオーダー」を選ぶカップルも増えてきているんだそう。

これはある指輪メーカーの人に聞いたんだけどフルオーダーだとなかなかデザインが決められないからある程度決まっている型から2人のオリジナリティをプラスしていくセミオーダーの方がスムーズに決まるしカッコよくできあがるんですって。

 

あとフルオーダーは費用も時間もかかるのでよほどのこだわりがなければセミオーダーがぶっちゃけおすすめだと言ってました。

 

 

結婚指輪の決め手第2位は「価格」

2番目に重視するポイントは価格。

結婚するとなると結婚式以外にもお金はたくさんかかるのでこだわって当然ですよね。

 

ちなみに2017年の全国平均額はこちら。

夫:11.1万円
妻:13.2万円

 

価格帯を細かく見て行くと…

データ出典:ゼクシィ 結婚トレンド調査2017調べ

 

夫で一番多いのは10~12万円(28%)、次いで8~10万円(15%)なので43%の人が8~12万円の指輪を選んだことになります。

一方妻で一番多いのは10~12万円(21.5%)、次いで12~14万円(17.2%)なので48.7%、約2人に1人は10~14万円の結婚指輪を買ったということになりますね。

 

また低価格帯の10万円以下を見ると夫が35.7%なのに対して妻は27.4%。

高価格帯の20万円以上になると夫が8.6%に対し妻は15.5%。

全体的に見ても平均額通り妻の方が高い指輪を選ぶ傾向があることがわかりますね。

 

本当ならサイズが大きめの男性の方が地金のグラム数が多いから高くなるような気がするんだけど、最近はエタニティリングとかダイヤが入った結婚指輪を選ぶ女性も増えたのでその分金額も高くなっているんでしょうね。

 

 

3位は「素材」

これは男女とも圧倒的にプラチナが多いです。


データ出典:ゼクシィ 結婚トレンド調査2017調べ

 

プラチナが選ばれる理由としては…

●天然の白く美しい輝きがある

●変色しにくく傷がつきにくいなど耐久性に優れている

●加工しやすいためにデザインが豊富

 

素材的に希少性がある上に使いやすいことからプラチナは結婚指輪に最適とされてるからでしょう。

 

 

散々悩んで買ったのにやっぱり後悔したと思うこと

みんなはデザインや値段や素材を重視して結婚指輪を決めたのは何となく見えてきましたね。

 

確かにそれぞれにこだわりを持って時間をかけてリサーチしたり色々見て回って決めたと思うんだけど、実際に使い始めたら想像と違ったり、やっぱり…と後悔することが出てくることもありますよね。

そこでカップル達が「この結婚指輪、失敗したな~」と思ってることを独自に調査 (*^▽^*)

 

すると大きく分けて3つの後悔ポイントが見えてきました。

 

 

もっとシンプルなデザインにすれば良かった

●無難にフラットで太く無いものが一番。 ブルガリの少し太めのは邪魔だった。

●セミオーダーでこだわって注文したけど出来上がったのを見たら素人デザインよりプロの定番デザインの方がバランス良くダイヤが美しく見えるんだなと思った。

●カルティエのラブリング昔流行っていたけれどブランドわかるし使いづらいしシンプルなのにすればよかった。

●ダイヤ付きだったけど子供産んでからつけなくなりました。

●ティファニーのミルグレインですが溝の部分にハンドクリームやら小麦粉やらが入り込んでしまうので毎日お風呂で柔らかいブラシを使って洗っています。溝の無いものにすれば良かったとちょっぴり後悔してます。

 

「大体の方が後で派手めな指輪にすればよかったと後悔されるんですよ」とアドバイスする店員さんは結構多い。

確かに見比べると華やかなデザインの方がステキに見えちゃうからかもしれないね。

かりん

 

 

もっと華やかなデザインにすれば良かった

●旦那がツヤのあるタイプは恥ずかしいからイヤだと言ったので、装飾なしツヤなしのプラチナにしたけど地味すぎる。

●石だと引っかかるとかデザイン凝ってると飽きるだろうとか考えてごくシンプルなプラチナのにしたけど、なんかつまらない。もっと単品でも華のあるのにすればよかった。

●一点だけ埋め込みダイヤの指輪にしました。指輪つけたままスキンケアも家事もガシガシできるため使い勝手は良いのですが、ハーフエタニティとずっと迷っていたので今になってハーフエタニティにすれば良かったなーと後悔。

 

買う時に本当はもっと華やかさがある指輪がいいいと言う気持ちが少しでもあると、やっぱり忘れられなくて後悔の元になってしまうことも。

かりん

 

 

お互いが良いデザインにすれば良かった

●私に似合う物を選んだ結果、旦那の太い指に対してリングが細すぎて何かの部品が指にはまってる様にしか見えず結局旦那はつけてない。

●石もいらないし凄くシンプルな指輪がいいと夫に話してたのに石がいい、ツヤがあるものは傷が目立つからと全く反対の指輪になった。今思えばお互いの指輪を買うんだからもっと意見を通せば良かった。

 

結婚指輪は2人のものだけどそえっを意識し過ぎるとこれまた後悔の元に。

違うデザインとか異素材の結婚指輪なども視野に入れて検討するといいかも。

かりん

 

参考結婚指輪だけを選んだカップルはどんな指輪を選んでるかが知りたい
>>>婚約指輪なし結婚指輪だけの相場はいくら?人気ブランドはどこ?

 

 

スポンサーリンク

後悔しない結婚指輪を選ぶために一番大事なこと

結婚指輪はもっと華やかなデザインにすれば良かった人もいればもっとシンプルなデザインにすれば良かったという人もいる。

 

まぁないものねだりというか隣の芝生は青く見えるというか… 人間てヤツは手に入れたもの以外の方が良く見えてしまう生き物なんですよね~。

だから自分の気持ちに素直になることが一番大事。

 

やっぱり人になんと言われようがダイヤがついているデザインがステキだなと思うのであれば華やかな結婚指輪を。

逆にそれほどこだわりがない、飽きっぽい、めんどくさがり、大雑把であればシンプルなデザインを選べば良いんです。

 

 

数年で結婚指輪をしなくなった私の理由

ちなみに私は結婚指輪にはそれほどこだわりがなく、金額も2人で20万円もしないすごくシンプルな指輪を買いました。

 

でもシンプルすぎたせいと、みんな結婚すると同じような指輪をしてるのがどうしてもイヤになり数年でつけなくなりました。

結局通っていた彫金教室で好きなデザインを自分で考えて結婚指輪(の代わりw)を作っちゃったんです。

あ、主人は仕事柄シンプルなのしかできないので自分の分だけね (;´Д`)

 

周りからは「結婚指輪ですよね?変わってますね。」とよく言われてるけどすごく気に入っているので私的には◎。

結局人と同じものが嫌な私はシンプルなデザインは選ぶべきではなかったんですよね。

 

 

これはちょっと余談ですが…

結婚当初「10周年にスイートテンダイヤモンドを贈る」という約束をしっかりと覚えていてくれた夫に対し、私がお願いしたのはちょっと高めの普段使いもできるブランドバッグ(笑)

だって結局人と同じような指輪はしたくないし、結婚して10年も経つと指輪よりも実用性のあるバッグの方が嬉しかったりするんです。ハイ(´∀`;)

細かいことを言わない主人には感謝です。

 

ちょっと話はそれましたが、まぁ月日が経てば環境も考え方も変わって指輪をしなくなることもあるかもしれないけど、基本的に好きなデザインであればお出かけや行事の時にすることはあります。

そして本当は欲しいと思っていたデザインの結婚指輪にしなかったらやっぱり欲しくなるものなんです。

 

だから迷った時こそ自分の気持ちに正直に選ぶことが大事なんです。

 

 

 

結婚指輪を迷った時の後悔しない選び方~まとめ~

後悔しない結婚指輪を選ぶにはまず気に入ったデザインを選ぶこと。

 

みんなが選ぶ時に一番重視したのはデザイン

買って後悔したと思ったのもデザイン

そして私が後悔したこともデザイン

こうやってみても気に入ったデザインにすることは指輪選びで大事なポイントなのがわかりますよね。

 

そしてまわりの意見に惑わされず

自分の気持ちに素直になること

これに尽きるでしょう。

 

指先でいつも目につくものだからこそ心から気に入ったものじゃないと絶対に後悔します。

 

ただし子供が生まれたとか職場が変わったとか環境の変化で指輪をしなくなることもあるので、ムリしてあまりに高いものは選ばないようにね。

結婚すると思った以上にお金がかかることは多いので是非予算を決めて納得のいく素敵な2人の結婚指輪を選んでくださいね☆

 

\\コンシェルジュ&デザイナーが2人のジュエリー選びをサポート//


 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© precious wedding , 2018 All Rights Reserved.