元プランナーが他では聞けない少人数の結婚式のちょっとした疑問や気になるあれこれをまとめてみました☆

少人数結婚式はどこまで呼ぶ?基本の決め方と本当に大事なこと

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

本当に大切なごく親しい人だけを集めた少人数の結婚式にしたい。

でも実際にどこまで呼んだらいいのかを考えると結構悩むものです。

 

あの人呼ばれたのになんで私は呼ばれないんだろう?ってなると後々大変ですからね(;´Д`)

 

そこでこちらでは

 

✔ 少人数の結婚式にはどういう人を呼ぶべきか

✔ ゲストの人数を続柄別に確認する方法

✔ 両家でゲストのバランスが合わない時の対処法

 

など少人数の結婚式に呼ぶゲストの決め方についてご紹介します。

 

 

 

スポンサーリンク

少人数の結婚式には誰を招待するべき?

まず少人数結婚式の場合、基本的には心から来てほしいと思う人を呼んだらいいんです。

 

それこそが披露宴にはない少人数結婚式のいいところなんですからね。

 

お2人はどうして少人数の結婚式にしようと思ったんでしょう?

 

●準備の負担を最大限減らしたいから

●低予算で結婚式をしたいから

●たくさんの人に見られるのが嫌だから

●お祝いしてほしいゲストだけを呼んでこじんまりとして結婚式がしたいから

●結婚式という一大イベントで家族だけに感謝の気持ちを伝えたいから

 

 

理由は色々ですが、大きく分けるとどちらかでしょう。

✔ 人数や予算を優先するのか?

✔ 招待したい人を優先するのか?

 

それによっても呼ぶ人は変わってくるので、まずは少人数結婚式を決めた理由を一番に考えてみましょう。

 

 

 

 

少人数結婚式に呼ぶゲストを続柄で考えてみる

ではまずは

●準備の負担を減らしたい

●なるべくお金をかけたくない

 

など、人数や予算を優先した少人数結婚式をしたい場合のゲスト選びから紹介しますね。

 

 

まず一般的な少人数婚の場合はこの辺の家族や親戚を招待することが多いです。

■ 両親
■ 祖父母
■ 兄弟姉妹
■ 甥・姪
■ おじ・おば
■ いとこ
■ いとこの子供

 

あとは血縁関係がないけどすごくお世話になってる人を呼ぶ場合もありますね。

◇ 血縁関係はない知人・恩人
◇ 友人(幼なじみ・学生時代等)

 

 

基本的には来てもらいたい人に来てもらえばいいので、親戚だから絶対に呼ばなきゃいけないわけでもないし

日頃お世話になっているけど親戚じゃないから呼べないわけでもありません。

 

 

 

ちなみに続柄と結婚式の規模の目安はこちら。

選ぶ会場によって一人予算が違うので招待できる人数は変わってきますが、これを参考にしながら呼べる人数を考えてみるといいでしょう。

 

両親・兄弟・祖父母などの親族だけで行う家族婚スタイル…10名前後

おじ・おばまでを呼ぶ場合…15~30名くらい

いとことその子どもまでを呼ぶ場合…20~30名くらい

知人・恩人・友人までを呼ぶ場合…30~40名くらい

 

POINT少人数での結婚式と一般的な披露宴との大きな違いは会社関係を呼ばないところなので、会社関係を呼びたくないなら少人数結婚式にしちゃえばいいですね。

 

 

 

少人数結婚式の招待人数を続柄別に出してみよう

大体どの辺のゲストまで呼んだらどれくらいの規模の結婚式になるのかがわかったら、自分達はどこまでの親族を招待したら何人くらいになるかですよね。

 

そこでこちらの表を用意しました(*^^*)

お互いにそれぞれの続柄の人数を入れてどういう続柄のゲストが何人ずついるのかをはっきりと数字で見てみましょう。

続 柄 新郎側 新婦側
両親
兄弟
甥・姪
祖父母
おじ・おば
いとこ
いとこの子
恩人・知人
友人
合 計

 

実際こちらにあてはめてみると両家でどれくらいの親族がいるか、親族以外で呼びたい人はどれくらいいるかが見えてきますね。

 

こちらの表は一般的に少人数の結婚式に招待する続柄順に並べていますが、人によって優先順位は変わるので自分達が呼びたい順に入れ替えて考えてくださいね。 

 

 

 

お祝いしてほしい人だけを招待する結婚式

次に

●たくさんの人に見られるのがイヤ

●お祝いしてほしいゲストだけに来てほしい

 

など招待したい人を優先した少人数結婚式をしたい場合。

 

絶対に外せないのは家族ですが、それ以外は続柄などにとらわれ過ぎないで、来てもらわないと後悔すると思う人を招待しましょう。

 

ただ親戚付き合いはこれからもずっと続いていくものなので、家族以外の人を招待する場合は2人で考えた招待者リストをご両親にも一度見てもらうことが大事。

 

親的に「どうしても呼ばないと」という人がいるかもしれませんからね。

 

 

 

両家のバランスが合わないけどどうしても結婚式に呼びたい人は?

この人を呼んだら両家の人数が合わなくなる

 

両家のバランスが取れなくなる。

 

実際にはそういうことが出てくる場合がありますが

どうしても招待したい人は絶対に招待しましょう。

 

相手側は呼ばない続柄の人を自分側だけ呼ぶのは悪いと思うかもしれません。

 

でも心から結婚式に来てもらいたいと思える人ってせいぜい1-2人じゃないですか?

たった1-2名ならどうしてそのゲストを呼びたいかきちんと理由を説明したら周りも納得してくれるはずだし、あなたが結婚式をしたい理由がお世話になった人だけに見守ってほしいのなら尚のこと。

 

それはワガママじゃありませんから(´▽`*)

 

後悔先に立たず。

後になって悔やんでも取り返しはつかないので、あなたにとって本当に大事なゲストは必ず招待してくださいね。

 

 

 

少人数結婚式はどこまで呼ぶか迷った時の決め方~さいごに~

結婚は本人だけではなく両家間のお付き合いが始まることも意味します。

 

だから会場を決定する前に一度どういう結婚式をしたいから誰を呼びたいと考えているかをご両親にも説明し、なにか両親の意向があればそれもできる限り取り入れてみるのがベストです。

 

●招待したい人数や予算?誰を呼ぶか?どっちを優先するか

●どうしても見てほしい人は招待して後悔のない結婚式に

 

是非しっかり話し合って2人の思い通りのステキな結婚式にしてくださいね。

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© precious wedding , 2016 All Rights Reserved.