元プランナーが他では聞けない少人数の結婚式のちょっとした疑問や気になるあれこれをまとめてみました☆

結婚式の両親の服装!少人数の場合は何を着ればいい?

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

 

一般的な披露宴では両親はモーニングと留袖を着ていることが多いですよね。

でもゲストも親族ばかりで少ないからそこまできちんとしなくても良いような気もするし、そこは同じ様にきちんと着た方が良いような気もする。

 

でもモーニングや留袖以外なら何を着たらいいのかと言われてもよくわかりませんよね。

そこでこちらでは少人数の結婚式の場合の両親の服装についてまとめてみました。

 

スポンサーリンク

一般的な結婚式での両親の服装は?

基本的には少人数でも、結婚式に出席する場合はフォーマルな服装を心がけるべきと言われていますが、ごく身内の結婚式なら特にこだわらなくてもいいでしょう。

 

まぁ会社・友人・親族などたくさんのゲストを招いての結婚式は2人だけじゃなく、両親もお招きする立場でもあり注目される存在でもあるので正礼装をするべきだと思います。

だから思い返してみても50名以上の披露宴スタイルでは両親はすべて正礼装スタイルだったという記憶はあります。

 

でも少人数の場合は、身内だけだし、遠方だし、高齢だし、堅苦しくしたくないし、費用的にも負担をかけたくないし…

なんていう新郎新婦の思いから、両親はモーニングや留袖などを着ないで参加してもらう人がいたのも事実です。

 

 

ではまず正礼装にした場合、どんな服だったかを紹介します。

 

 

結婚式で父親が着ていた正礼装の服装はどれ?

●モーニング:着用率96%
●紋付き袴:着用率3%
●タキシード:着用率1%

 

モーニングを着ていたお父さんがダントツ多かったです。

正式にはモーニングは朝から夕方までのものとされているので、夕方以降はタキシードが正礼装なんですが正直そこまできちんと案内するという式場や衣装店は少ないです。

 

 

 

結婚式で着ていた母親の正礼装はなに?

●留袖:着用率80%
●黒のロングドレス:着用率20%

やはりまだまだ黒留袖を着るお母さんが多いですね。

最近は苦しい、熱い、着物は嫌い、チャペルなのに着物なんておかしいなどという理由から黒のロングドレスを選ぶお母さんも増えていますが、教会式だって留袖を着ても全然違和感はありません。

 

逆に留袖は日本ならではの格式高い正礼装で、洋装にはない独特の華やかさや気品が感じられるので是非この機会に着て頂きたいですね。

 

【注意】着用率は管理人の記憶上のものなのであくまでも参考としてご覧ください^^

 

 

 

スポンサーリンク

少人数の結婚式での両親の服装は?

ただ、少人数の挙式+会食となると、挙式+披露宴と比べて服装がカジュアルになる両親がグッと増えます。

 

管理人の記憶では大体7:3=正礼装:準礼装という割合でしたね。

基本的に挙式はフォーマルを意識した服装がおすすめなんですが、家族や親族だけでごく少人数なら準礼装と呼ばれる服装もありでしょう。

 

両親が着る準礼装

●父親:礼服(黒のダブル)
●母親:アンサンブルのスーツ・明るめの色のロングドレスなど

 

中には何らかの理由から普通のスーツというお父さんもいましたが、プランナーとしてはせめて挙式だけは正装(モーニングや礼服)してウェディングドレス姿の花嫁を送り出してもらいたいなという気持ちは正直あります。

 

だって結婚式って一生の思い出に残る一大イベントですからね。

 

 

POINTモーニングに抵抗があるお父さんはパーティーはカジュアルな服装で構わないので、写真やビデオに残る挙式だけは正礼装にしてパーティーが始まるまでの間に普通のスーツに着替えちゃいましょう。

 

参考普通の礼服にこだわりたいならこちら☆

 

 

結婚式の両親の服装は合わせるのがポイント

少人数でもモーニングなどの正礼装にする両親は確かに多いです。

でも絶対じゃないので無理に正礼装にすることはありません。

ただ ”両家で合わせる” ということだけは注意しましょう。

 

 

両家の格を合わせる

両家の服装の格は合わせましょう。

 

例えば一方の両親がモーニング+留袖なのに、もう一方は礼服+スーツとならないようにした方がいいと言うことですね。

特に集合写真などを撮ると新郎新婦の隣に両親が並ぶので全然違う装いだとすごく目立つし、礼服だと誰がお父さんかわからなくなっちゃうこともあります(笑)

 

 

父と母の格を合わせる

あとそれぞれのお家のお父さんとお母さんの格も合わせましょう。

 

お母さんが留袖なのにお父さん礼服というのもなんだか不釣合いなので、2人とも正礼装か準礼装にした方がいいでしょう。

もちろんどちらにするかは無理強いせずご両親にお任せして決めてもらいましょう。

 

 

洋装か和装かを合わせる

あとはできればお母さん同士は洋装か和装かも合わせた方がいいですね。

ただ最近は無理に合わせないケースも多くなって、特にこだわりがなければそれぞれに好きな方を着てもらえば良いという考えもあります。

 

ちなみにこちらは実際にお呼ばれした時の写真^^

 

●両家両親がモーニング+留袖で揃えた場合

 

 

●お父さんはモーニング、お母さんは留袖と洋装にした場合

 

まぁお母さん同士、着物とドレスで揃っていなくても格が揃っていればそんなにおかしなことはないですよね?

 

なので基本的には新郎側の両親に正礼装にするか準礼装にするかを聞いて、服装の「格」だけは合わせると良いでしょう。

 

できれば両家のご両親にはどうしたいかをお2人がまず聞き、相手側の意見もさりげなく伝えてみながらどんな服装にするかをうまくまとめてあげてくださいね。

 

 

少人数の結婚式の両親の服装~まとめ~

少人数の場合の両親の服装は

●正礼装が好ましい。

●でも格だけを合わせたらみんなが良いと思う服装を選べば良い。

のではないかと思います。

 

ただ地域や家柄によっては両親は正礼装しかあり得ないという考えもあるので、まずはこうだと決めつけずにみんなで気持ち良く過ごせるように事前にご両親と相談してみてくださいね。

 

\\モーニングと留袖レンタルがドレスショップの半額以下?!//

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© precious wedding , 2016 All Rights Reserved.