2018/07/19

ホテルウェディングのメリットとデメリット!少人数の場合の見学ポイント

 

 

大きなホテルだと少人数の結婚式はできないんじゃない?

いえいえ、決してそんなことはありません!

確かに少し前はそういう傾向もあったけど最近は高級ホテルや老舗ホテルなど、名の知れた大きなホテルでも少人数の結婚式ができるところが増えているんです。

そこでこちらではホテルウェディングにはどんなメリットやデメリットがあるか、また少人数でする場合に会場見学でチェックしたいポイントなどをまとめてみました。

 

スポンサーリンク

ホテルウェディングのメリット

まずはホテルで結婚式をする場合の6つのメリットをご紹介します。

 

①設備が充実している

結婚式のゲストに関わる

  • 着替え室
  • トイレ
  • クローク
  • 待合いスペース
  • 親族控室

などはもちろん、お2人の

  • ブライズルーム
  • 挙式~パーティー会場までの導線

などの設備はばっちり整っています。

 

もし足の悪いゲストがいたとしても大抵はバリアフリーで、エレベーターなどの設備もありますし、車いすなども用意してくれるので安心!

さらに大きなホテルだとまったく雰囲気の違うチャペルがいくつかあったり、神前式もあったりするのでどんな結婚式にしたいかを選ぶこともできますよ。

 

②移動が少ない

年配者のゲストにとって移動はとても苦痛なものです。

でもホテルなら挙式・パーティー会場がコンパクトにまとまっているのであちこち移動することもありません。

 

また遠方から来るゲストには宿泊も同じホテル内で用意してあげることができるので、土地勘がなくても当日迷って着かないなんていうこともないし、重たい荷物を持って移動しなくても良いのは魅力です。

 

③サービスレベルが高い

スタッフの態度次第で結婚式の印象は良くも悪くも変わります。

ホテルならブライダルスタッフはもちろん、館内のどこで会うスタッフもきちんと教育されているのでどこで何が起こっても安心です。

 

細かいところまで行き届いたサービスはよりお2人の結婚式の印象を良くしてくれますよ。

 

④知名度と格式がある

ホテルで結婚式をするというとやっぱり喜ばれる親御さんは多いもの。

もちろん今はレストランやゲストハウスなどもサービスが行き届いているし、ステキな結婚式ができるのですが、まだそういったところは安っぽいイメージを持っている親御さんも多いようです。

 

やっぱり一生に一度の結婚式を知名度のあるホテルでするというのはひとつの親孝行なのかもしれません。

 

⑤料理受けが良い

オシャレなレストランだとカジュアル過ぎたり個性が強すぎて何を食べているのかさっぱりわからなかったりすることもあります。

その点ホテルの婚礼料理は定番なものが多いので、親世代やおじいちゃんやおばあちゃんにも評判が良いんです。

 

特にホテルには年配層に人気の和洋折衷料理などもあるし、わかりやすく美味しい料理を出すところが多いのでハズレも少ないし、どんな料理にしようか悩まなくても済みます。

 

⑥打ち合わせが楽

ホテルには専属の結婚式に精通したプランナーがいるのですべてを一括して相談できます

 

結婚式の進行や演出、アイテムの注文から装花、引出物、また衣装合わせやメイクリハーサル、さらにはゲストの宿泊や送迎まですべて一 箇所で決めることができるのでとっても楽チンです。

また見積もりもまとめてプランナーが出してくれるのでトータルでいくらになるのかも一目でわかります。

 

結婚式をホテルでするデメリット

もちろんホテルならではのデメリットもあります。

 

①バッティングする可能性がある

結婚式って時別なイベントなので丸一日特別感を味わっていたい花嫁もいるでしょう。

でも大きなホテルであればあるほど一日に何件もの結婚式を同時進行しているので、どこかで別の花嫁とばったりなんてことがあるかもしれません。

 

②貸切感がない

色んな設備は整っていますが、同じフロアに別の結婚式のゲストの控室があったりトイレも同じところを使わなくてはならないなどがあります。

また広いロビーはさまざまなお客様が行きかう場所にもなっているので、ツアーや団体客などと一緒になると結婚式の余韻も吹っ飛んじゃうことも。

 

③持ち込み制限がある

すべてホテルで揃うけどその反面持ち込みには厳しいところが多いです。

 

会場によっては引出物、衣装、美容、装花など一切持ち込み不可になっているところもあるし、持ち込めるとしても高額な持ち込み料が発生するケースが多いです。

 

④制約が多い

一定のサービスレベルを保つため、また多くの不特定多数のお客様に迷惑をかけないために制約が多いのも特徴です。

 

持ち込みができないこともそうですが、会場前の飾りつけもスペースが限られたり、パーティーでの鳴り物(太鼓・笛・三味線など)の禁止、また会場によってはカラオケ、バンド演奏などもダメなところもあります。

 

⑤費用が高い

格式・知名度・スタッフのサービスレベルなどが高い分、やはり費用もそれなりというところが多いです。

 

特にホテルの装花が高いことはよく知られていますよね。

ちなみにこれはある有名な老舗ホテルの披露宴に招待された時の会場装花です。

 

【メインテーブル装花:約8万円!】

 

【テーブル装花 約8,000円!!】

新郎が後輩で費用について相談されていたので料金は聞いていましたが、正直お世辞にもステキ♪と言えるものではなかったので当日お花を見て驚きました。(知り合いのお花屋さんに見せたら半額で十分と言われさらにビックリ(゚д゚)!)


スポンサーリンク

少人数で結婚式をホテルでする時にチェックしたいポイント

大きなホテルだと同じ時間に盛大な披露宴がいくつも行われていますから、ホテルで少人数で結婚式をしようと思うなら下見に行ったらこんなことをチェックしましょう。

 

すべての場所をチェック

さまざまな設備は整っているけど、実際に使うゲストの控室や着替え室、挙式場、パーティー会場などが近くにあるか、またわかりやすい場所にあるかを確認しましょう。

いくら便利な設備が整っていてもあちこちにあったら意味がありませんからね。

 

注意会食会場の近くに大きな披露宴会場がないかも重要!少人数の場合は他の披露宴のゲストが外でワイワイするのも気になるし、トイレが混雑するのもストレスになってしまいます。

 

大安吉日の混雑具合をチェック

大きなホテルだと1日に20件~30件の結婚式があります。

すると特に13~14時くらいは結婚式が終わった人と始まる人、さらにはホテルのチェックインを待つお客様でロビーがごった返していることも考えられるので当日写真が撮れるような場所などがどんな状況になるのかを見ておきましょう。

 

注意併せて花嫁が同じ空間の見える場所に何人いるかもチェックしておきましょう。

 

婚礼料理を試食しよう

お料理は斬新ではないけど一般的で年配層受けも良くみんなが美味しい料理というホテルは多いです。

でも中にはその知名度から期待していたのにネームバリューばかりで見た目も普通、味も普通ということもあります。

 

注意少人数の結婚式では美味しいお料理はかかせないアイテム!レストランでのディナーが美味しいから大丈夫などと思わずにブライダルフェアに行って結婚式用のコース料理を実際に食べて判断しましょう。

 

少人数用のプランを確認しよう

最近ではホテルでも6名からなどの少人数ウェディングプランもあります。

 

ぱっと見るとそんなに高くないけどよく見ると挙式だけとかパーティーだけのプランになっていて合算したらすごい金額になったり、パーティープランは料理とドリンクくらいしかついていないこともあります。

またその逆でいらないものがついていることもあってプランではない方が安く済むこともあるので、実際にどんな挙式・会食会にしたいかを決めておくことも大事です。

 

注意見学に行った時には自分達に合った内容で見積もりを出してもらいましょう。

 

さいごに

ホテルウェディングは

  • 両親や親戚に安心して来てもらいたい
  • なるべく式場にお任せして自分達の負担を軽くしたい

そんなカップルにピッタリ!

少人数だからこそ行き届いたサービスで最高の一日を迎えたいですからね。

 

でもオリジナリティを出したい!プライベートな空間で特別な日を迎えたい!そんなカップルにはホテルウェディングは難しいかもしれません。

少人数だからこそ気になるところもあるのでホテルでする結婚式のメリットとデメリットもよく見て、いいなと思うホテルがあれば実際に下見に行って確認してみてくださいね。

 

スポンサーリンク
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です